【動画解説】《訪問理美容トーク》訪問理美容師で成功・失敗する人の特徴を解説!

2022.09.06

今日は、「理美容の在宅訪問価格に物申す!」記事になっています。
YouTubeで分かりやすく解説していますので、YouTubeを見ていただくのももちろんですが、
動画内の会話を記事化していますので、ぜひごご覧ください!


部長:はい、じゃあおつかれさまです!

社長、たなか:お疲れさまでーす!

社長:今日は何ですかテーマは?

部長:今日のテーマはですね、「訪問理美容で成功する人・失敗する人」。

1日何百人もカットしてたとか、すごい良いビジネスモデルだと思うんだよね。だけどなかなか、じゃあこれで訪問理美容で始めて売り上げがすぐに上げられる人と、全然売り上げ上げられないで諦めちゃう人がいると。結局実際訪問理美容で始めて上手くいっている人と、失敗してるというか、何て言うんですか?お金はかからないわけじゃないですか。失敗までいかないんですけど、上手く行っていない人、大体半分くらいかなっていう印象。エアクリッパー買っても、買ったはいいけど諦めて、引き出しの奥にしまっちゃって今は(訪問理美容)やってないっていう人もいるんだよね。

じゃあそういった所って大きな違いが多分あって、じゃあ成功してる人と失敗してる人でどこが違うのかっていうのを考えていこうかなと。

 

部長:社長からすればそれはね、何で失敗するのか?わかんないと。まぁそこを、実際に失敗してる人もいるわけだから、何だろうなって考えていく。

訪問理美容師の成功する人の特徴は?

 

部長:って事で。成功する人、こんな人は成功してるなってある?

社長:…ニコニコしてればいいんじゃない?(笑)楽しそう?

部長:やる気がある人って事?要は?

社長:やる気は強いと、相手が引いちゃうから。そうじゃなくて、楽しそう?

だって相手、楽しくない顔して来るんだもん。相手って意外と…

部長:相手ってお客さんの事?

社長:お客さんね。お客さんってみんな、初めてだったりするじゃん。初めてって、犬と一緒で動物と一緒で、相手が良い人か悪い人かをね、警戒してくるんだよね。

部長:ほうほう

社長:だからそのね、とにかくその施設に入りました、入れたら大体2か月くらいは辛い。とにかく辛い。2か月っていうか2回目?2回は辛い。スタッフ…向こうの職員のスタッフ、利用者様、全てが敵。はっきり言って。「変なおばさん来たな」とか「どんなのやるんだろう」とか、みんなそういう目で見てるから、すごくね、辛い。だからその辛い時が、多分続かないと思う。「こんなんじゃないよね」「YouTubeでは適当でいいみたいな事言ってる割には、えっ、実は辛いよね」っていうのは、私も辛い。正直2回くらいまでは文句・クレーム、何か言いたい事言ってくるみたいな事ある。

でも、そこを乗り越えるというのかな、そこをいつも下手に出ていくとか、とにかく下手に出る。そうやってやってくると、雪解けのように(笑)やっぱり人の心は解けてくるから。そうすると、楽しいなって瞬間を見つけることが大事だよね。楽しいっていうか、あっここ、この人良さそうとか、誰か見つけるって事が一番いいかな?それが無い間は、ただ辛いと思う。だから仕事が良いとか悪いとかじゃなくて、続けられない。

部長:ほうほう

社長:それと最初のころはね、1人で仕事は行かない方が良いと思う。営業もそうなんだけど…営業もね、やっぱり2人くらいいると気持ちが楽になる。殆ど断られるから。で、初めてとった仕事なのに、行った時って相手も様子を見るから、やっぱりその分だけ何だろうな、心の負担っていうのはあるよね。でも慣れてくるとお互いが、利用者様にしても、あっここ大丈夫、みたいな所があると、「楽しみにしてたよ」とか、そういった言葉で、なんか楽しいなって思える瞬間があるよね。最初はお互い様だからね。だからね、思い出してほしいね。遠いあの日、出会った君ととかね(笑)最初って緊張するからね。だから、入れたらそこが1番。2回ぐらいまでは辛いかなって、まず頭の中に入れといた方が良いね。

部長:最初はやっぱり行く方も緊張するじゃないですか、いつもと環境が違うから。自分のサロンと違うから。ちょっとアウェイ感があると。緊張してるから。そこを敢えて…。

社長:相手もわかっちゃう。

部長:あぁなるほど。

社長:お互いなんだよね。相手も、やっぱり初めてだから。「どういう風にしてくれるんだろう」とか「この人日本語通じんのかな?」って思うくらいの感覚で来てるから。そこをね、やっぱりこう「相手はそう思ってるんだ」っていうのを自分でもっと落とし込んどいて、あたかも昔からお友達だったような雰囲気をちょっと出すしか無いね。話すことが無かったら、「今日は寒かったですよね」とかね、「暑かったよね」とか(笑)

部長:お客さんとか施設の人に。

社長:うん、そうそう。「今日はよろしくお願いします!」とかね。そうすると、10人の内何人かが、えらくニコニコしてくれる人いるから。

っていう所を見つけていくと、段々楽になる。続けられる。続けたらもう10年20年、いつも言うように【確変】に入っちゃう。そこが一番厳しいよね。やっぱりそうだったでしょ?あそこの病院も?引き継いで、そこをいつもやってた人が辞めちゃってとかって言うとね、やっぱりなかなかね、利用者さんが「〇〇さん来ないの~?」とか言われちゃうでしょ?やっぱり引継ぎってイヤだし…。

たなか:まあでも今までも入ってたから多少は緩いけど、サロンでも初めて来たお客様ってこっちも緊張するし。新しい所はやっぱり…すごい気を使っちゃいますよね。

社長:ね、まあそこを乗り越えたら【確変】ですよ、パチンコで言うね。終わりが無い。

部長:(笑)なるほど(笑)

社長:っていうところかな?あとはやっぱり、現場に慣れる?どこかの所の、今やっている、既にやっている方の所に行って、やっぱり少し慣れていかないといけない。はい始めますっていう人って、サロンに来るお客様…おとなしく座って鏡見てウフっていうようなお客様だけをやってる人と、行ったら唾は吐かれるわゲンコツは来るわ、眼鏡は逆さにかけてるわっていう、あり得へん世界の人達をやるんだから、やっぱりこう免疫を付けていくっていう事は大事だよね。

部長:なるほど。

社長:ですよね?

たなか:そうですね。

部長:そういった所に飛び込んでいける人じゃないとって事だね?

社長:だから自分の中で、そういった事が毎日毎日楽しいなぁみたいな

部長:楽しめる人って事だね。

社長:そうそう

部長:なるほど。

社長:だからそういう事も大事ね。

社長:はい、そんな感じだね。

 

逆に、訪問理美容師で失敗する人の特徴は?

 

部長:こんな人は失敗するなとか上手くいってないな、とかある?

社長:失敗する人はやっぱり…自分の技術を押し付けちゃうとかね、。やっぱり向こうから「こうしてください」「いやできません」とか、そういうのあるじゃない?

部長:こだわりを持っちゃう人?

社長:うーん、こだわりを持たない方が良いね。例えばお客さんが、「あなたは25歳?」って言ったら「はい25歳です!」って素直に言えるぐらいのものが無いと。「いやいや自分は50です」とか言っちゃうよりは、何でも合わせられるような人じゃないとちょっと厳しいと思うし、相手が今辛いのかとか、今苦しんでるのかとか、今楽しいかなと読める人じゃないと。

部長:人の気持ちを読める人ってことね。

社長:雰囲気を読むっていう事も大事だよね。空気を読むって事かな。よく言うじゃない。

部長:空気を読んで、その場の雰囲気というか…に柔軟に対応できる人。

社長:捉え方が上手な人。そうですそうです。

部長:なるほど。例えば美容室だったら自分の城じゃないですか。だから自分のメニューが気に入らないんだったら来なくていいよって言えるじゃないですか?そこが難しいよね、訪問だとね。

社長:ていうか、来なくていいよもあるけど、相手も行きたくないっていうのもあるから。でも施設って、相手は逃げられないじゃない。…と思いますよ。

社長:じゃあ色々話したけど、みんなわかったかな?って思うんだけど(笑)

 

今の世の中は「訪問する時代」になった。

 

社長:出前館?が来ちゃうのよね。いつもごはんごはんって言ってるから。呼ばれたんだね。

部長:どこも訪問する時代になったと。

社長:だからあれが、私の中では、時代がああなってくる?まぁうちなんか飲食始めたけど、じゃあ人が来るか?って言ったら来ないからね。もう慣れちゃったんだよね。職員さん・寮母さんに聞くと「美容室もう2年行ってないわよ」って、ケンカ売ってんのか(笑)っていうのが…。

たなか:えぇっ、そうなの?

社長:うんうん。だからね、そういう人達をずぅー--っと待っても、多分辛くなる時代が来るんじゃないかなと思うからね。やっぱりこう、大なり小なり、時代に乗っていくっていうのが大事かなと思いますよ。自分のお客さんたちが、若くなってくるっていう事は無いから。確実にお客様は歳をとっていくよ。

部長:なるほど。

社長:はい、そんな所ですね。今日もお疲れさまでした!

部長、たなか:お疲れさまでした(笑)

部長:ありがとうございます!

社長:頑張りましょう!

 

エアクリッパーについて

訪問理美容での顧客満足向上と効率化による収益アップをどちらも叶えるために、現役の訪問理美容師のアイディアから生まれた「エアクリッパー」です。
エアクリッパーの魅力を、より知りたい方はこちらからご覧ください。

おわりに

エアクリッパー協会に入会すれば店舗を持たずに低コストで開業でき、独立後も安定的に収入が得られるようサポートします。
補助金のサポートから、開業後のご支援まで。
さまざまなことでサポートをさせていただくことが可能です。

  • エアクリッパーに興味がある。
  • どんな内容のサポートをしてくれるの??
  • 社長の人柄に興味がある。
  • 営業の支援をしてもらいたい。
  • 独立の支援をしてもらいたい。

など、些細なものでも問題ございません。
お気軽にお問合せください!

LINE公式アカウントで情報を発信していますので、ご興味のある方は是非、友達追加をお願いいたします。

https://line.me/R/ti/p/%40erj4855d

 

この記事を書いた人
有限会社ディ・アイ・シー

会社案内 昭和61年にヘアーサロンアダムを開業、1年後に出張理美容サービスを開始。7年後にはビューティーサロン「イヴ」を開店とともに、在宅向け出張理美容「アダム&イヴ」を開業。 現在、50施設以上に出張しており、月間約1700人、年間約2万人の調髪をおこなっています。