【動画解説】訪問美容のブロー解説!訪問理美容歴30年のテクニックを公開します!

2022.10.28

 

 

今回は、YouTubeで公開をしている「訪問美容のブロー解説!訪問理美容歴30年のテクニックを公開します!」
を記事化したものになっています。
YouTubeで分かりやすく解説していますので、YouTubeを見ていただくのももちろんですが、
動画内の会話を記事化していますので、ぜひごご覧ください!

 

訪問理美容暦30年の社長が語るブローのやり方

部長:前に某団体さんがブローのやり方をやっていて、なんだこれはと!
社頭がこんなに下手なのは見ていられないと!
なので、今日はブローをやります。

社長:(笑)ブローをやります。

部長:社長が見せてくれます!

社長:(笑)見せてあげようか!

部長:30年の技術を。

 

ーーーーー(ショートカットのマネキンを使用してブロー解説)ーーーーー

社長:(笑)

ではブローをします!
例えばこういう流れの頭は、全然楽なの。
このまま毛先を折っていくだけなので。すごく楽です。

 

こう言う感じで折っていくだけです。毛先を。いいですか?
では、問題なのは、この方が「昔のような頭にしてほしい」と言うことが多いんですよ。
華やかに。いつも寝癖で派手な頭だけど。
派手な爆発した頭。でもお客様は昔、奥様だったり、お嬢様だったりした時代があるので、
やっぱりそれに近い、髪の毛がなければ、あったように盛ってあげるとか。
そういう優しさを向けたいなと思うので。この方少し(髪を)後ろに向けてみますね。簡単に。
今、頭を盛っているところ。地味な頭を盛っている。
私の頭に乗っけるかつらのように頭を盛ってあげる。
私たちはカツラで盛ったりいろいろとできるので、まず、頭を盛ってあげる。ふんわりと。

方向を決めてあげる。
真っ直ぐ前向いてるのを変えてあげる。
こんな瞬間で変わってるでしょ?
まーすごい派手な頭になってますよ。こんな感じでいいの。

これでは美容師さんは怒っちゃうね。(笑)
そしたらここ(側面)がジャリジャリしているので、やっぱりツヤが欲しいんです。
ツヤ感が大事なんですよ。
白髪だとパサパサしているのと、疲れて見えちゃうので。
やっぱりツヤ感が大事になってきますから。
ツヤ感はこうやって毛先を丸めてあげる。
こうすることでツヤ感が出てきます。

そうしたら、前髪をこうやって上げました。
上げたけど、女の人は華やかさが欲しいので、ここの前を少し(内側に)折って上げます。
顔を全部出しちゃうと恥ずかしいのでね。
この時に髪を触らない。 冷ますっていうことですよ。
同じように。ここ(耳の上の髪)がすごく大事。ここを締めてあげないと。
顔がだらんとした顔になってしまうので。顔を締めてあげる。
髪の毛をブローすることによって締めてあげる。

ここ(襟足)の髪を女らしく出してあげる。襟足が一番大事なところです。
女らしさを出すには一番大事なところ。
ここ(襟足の上、トップ)に丸みを持たせるのが、すごく大事です。
何歳になっても女性は綺麗に、丸みが欲しいんですね。

はい、終わりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そしたら、普段使っているクリームがあれば少しつけてあげる。
そうすると毛束ができる。ここ(サイド)も横になびいています。
ワックスをつければいいかな。
ただ病院の場合はあまり固めちゃうと、ベッドに寝た後、起きた時に大変な頭になっちゃうので。
私はお客様が持っているクリームとか、そういった柔らかいものをちょっとだけ付けてあげるようにしています。
スプレーは、呼吸器の問題があったり、いろんなことがあるので、スプレーは控えています。
もしくは施設等によってね。スプレーを使ってもいいですか?
って言って、大丈夫ですよと了承をもらった時にはスプレーをしてあげてください。
担当さんだったり施設の方に聞いてみてください。
どうですか?

田中さん:そうです!
帰る時に綺麗だとばっちり!

社長:帰る時にこの状態になってくれれば、ここ(トップ)に丸みがでて、(トップの下)が引っ込めれば、いいね!と。
べたっとしてしまうと老けちゃうので。なるべく華やかに。
宝塚のお姉さんのように。そして、褒めてあげてください。
ものすごく綺麗になりましたよと。
そうすると、本人は言葉のマジックで女優に変わります。
どうでしょうかね?

たった2分で簡単にブローができます。
これに20分かけているようではダメですね。

大体2分で仕上げるようにしてください。

部長:普通はブローって何分くらい?

田中さん:濡れた頭からですか?
早くても15分くらいやりますね。

 

ーーーーー(ボブカットのマネキンを使用してブローの解説)ーーーーー

社長:中にはもう少し長めの髪のご年配の方がいます。
耳下くらいでカットしてくださいと言う場合は、素直に髪がとけている状態をイメージしてください。素直にとけている状態の毛を、素直にブロー。
ここ(耳下)から盛り曲げてください。ただただ盛り曲げる。

触らない。これがコツです。
前髪も盛り曲げます。
そしたら、最後に、下から(櫛を)入れ込んでツヤを出す。
いいですか?

先に盛り曲げる。そしたら、下から梳かし入れてツヤ感を出す。
こんな感じで終わってください。
冷めるのを少し待つ。冷めることで長持ちします。
前髪も少し留めてあげて。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

(マネキンに)端っこの方だけ眉毛を描きましたけれども、いつも私がみなさんに言っているように、目力ではなくて眉力。
やっぱり眉力って大切なので。
大体お年寄りは顔力がなくなっているので。
そこで、眉を少し書いてあげると、皆さんキリッとした顔になった後に、必ず鏡を見せる。
鏡を見せるときにみんなこうやって(下から)見せます。
老けちゃうんですよ。

鏡を高くして見せてください。
鏡を高い位置にして見せてあげると、お客さんは見上げるので、そうすると、若くなったねって。

お年寄りは、私もそうなんですけど、老眼になるんです。
近い距離だと見えないので、少し遠目で、どう?と上から見せてあげてください。
そしたら、お客様にもよりますけど、あまり長い時間鏡を見せない。
一瞬でいいんですよ。
綺麗になったねー!どう?って鏡をしまってください。
これはコツです。
やっぱり私も思うんですけど、よく見ると、先生このシワ何本か消してくれない?とか。
このシミどうしちゃったんだろう?とかなってきます。
なので、そうしてください。
この一足が大事ですよー!
素敵だね!と肩を叩く。
そしてさよならする、でトータル5分。

 

喜んでもらうことが自分の仕事

 

 

社長:とにかく華やかに。
いつも変わらない寝癖のまま、カットだけされて帰す方がいらっしゃいます。
でも、やっぱり普段と変わらないと、誰も声をかけてくれないんですよ。
でも、必ず華やかに仕上げると、黙っていないです周りが。
周りが綺麗になったねって、言ってくれます。
そうすると、本人はそれでその後すごく心地いい。

またやって欲しいという意欲になる。
綺麗になるって、認知のある方もそうだし、つまらないなって思っている方もそうです。
すごく自分だけにみんなの目が向くので、楽しくなります。

相手が楽しいと、やっている自分も楽しいから。
これって不思議ですよね。

楽しいなって思ってもらう。
笑ってもらったら勝ちですよ。
愛を与えてください。
そうすると、だってこの人はこの次寝ちゃったらもう同じ頭なの。明日から。
その夜から同じ頭なの。

だけど、綺麗に仕上げてあげると、今日先生、寝たくない。
このまま起きててご飯食べたいって、すごく元気になるんですよ。

そうすると次の仕事に繋がる。
自分の達成感が一番ある。
だから、続けられる。

喜んでもらうことが私たちの仕事なので。
華やかで少し小っ恥ずかしいくらい。
恥ずかしいなと思うくらい、少し派手にしてください。そうすると必ず、職員さんが、何か言います。

必ず文句を言う人はいません。
綺麗になったねとか、いい男になったねとか。欲を言ってきますよ。
耳毛取ってくれない?この人いい男になったからってね。
そしたらもうね、次に他には誰にも頼まない。うちにしか頼まない。
そんなところがいいかなと思うんですけれど。どうですか?

田中さん:いいと思います。(拍手)

社長:今日だって、やったんですよ。
こんな下駄履いてやっているけれど。

田中さん:下駄で?

社長:下駄だけど。
午前中、今日ね、精神科さんだったんだけれど。
もうみんな私が行くときは椅子も用意して、順番もとって待っていてくれる。
今日も午前中、何人だったかな?2フロア行ったけれど、30、40、50人はやったかな

午後は障害者のね、重篤な方でしたけれど、でも本当に喜んでいただいて。
多分実働2〜3時間仕事をしたと思うんですけれど。
3時間で50〜60人仕事ができたら、いいかなって思いますよ。
明日も頑張って仕事に行ってきます!
何か他にありますか?(笑)

部長:ブローに必要なドライヤーとロールブラシ、どんなのを使えばいいの?
訪問美容を他でやっている人だと、ドライヤーを家庭用のドライヤーでやっていたりだとか。ブラシも普通の櫛でやっていたりとか。いるんだけどどんなのを使えばいい?

社長:どんなの?(笑)
大きいのがいいよ!風が早いの。ビュンビュンと風が出るものがいい。

部長:家庭用でいいの?

社長:だめ!
家庭用じゃ仕上がるのが来年になっちゃう。

部長:業務用のドライヤー?

社長:業務用!安いの!
腕が高いんだからね、ドライヤーは安くていい。
こういうふうに(ドライヤーの口が)縦の方が楽です。
ブラシは1本も2本も3本も持っていかない。
忘れたら困るから。1個で全てやる。
そんなところですけど、どうですかー?(笑)

部長:次回は?

社長:次回は何?(笑)

部長:施設で求められる技術は美容なのか?理容なのか?
訪問美容、訪問理容、訪問理美容、色々言い方があるけれど。

社長:わかりましたー!やりましょう!

 

おわりに

資格についてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
https://www.dic-houmon.com/media/media/1/
必要な知識も併せて記載させていただいています。

また、エアクリッパー協会に入会すれば店舗を持たずに低コストで開業でき、独立後も安定的に収入が得られるようサポートします。
補助金のサポートから、開業後のご支援まで。
さまざまなことでサポートをさせていただくことが可能です。

  • エアクリッパーに興味がある。
  • どんな内容のサポートをしてくれるの??
  • 社長の人柄に興味がある。
  • 営業の支援をしてもらいたい。
  • 独立の支援をしてもらいたい。

など、些細なものでも問題ございません。
お気軽にお問合せください!

LINE公式アカウントで情報を発信していますので、ご興味のある方は是非、友達追加をお願いいたします。

https://line.me/R/ti/p/%40erj4855d

 

この記事を書いた人
有限会社ディ・アイ・シー

会社案内 昭和61年にヘアーサロンアダムを開業、1年後に出張理美容サービスを開始。7年後にはビューティーサロン「イヴ」を開店とともに、在宅向け出張理美容「アダム&イヴ」を開業。 現在、50施設以上に出張しており、月間約1700人、年間約2万人の調髪をおこなっています。